読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃじゃ嫁日記

暴れん坊の嫁が繰り広げる日常を絵日記として記録していこうと思いました。

そこくらの湯 つたや

行ってみた

f:id:rise_more:20151017004633j:plain

f:id:rise_more:20151017004634j:plain

 

過去に何度か記事にした様な気がしているのですが、こちらの温泉は日帰りで定期的に通っています。

 

バスの場合は、湯本駅から約20分程。電車の場合は、箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩10分程度です。宿泊部屋もありますが、全体的にそれほど大きな旅館ではありません。こじんまりとしていて清潔感のある施設だと思います。(築年数は結構経ってそうですが)

 

日帰りは入浴のみ1,050円。休憩部屋が利用できる入浴休憩コースは2,050円です。決して安くはないのですが、午前中の早いうちから夕方まで入り浸るので、満足度は結構高いのです。

 

宿は基本的には宿主のおじさんが一人で応対しています。ですので、施設内は割りと簡素にできていて、いわゆる大規模温泉施設と比べると見劣りするのですが、館内や浴室はとても綺麗に掃除されています。

 

なぜこの温泉が気に入って、何度も来ているのかというと、空いてるのです。2ヶ月おき位に行っているのですが、休憩部屋はほぼ貸切。浴室もいても一組か二組ほどで、やはり貸切率が高いのです。

 

一度露天で、静岡から来たというおじさんと、「ここ大丈夫かなぁ?」という意見で一致した事がありました。客同士で心配になるほど、空いているわけですが、それでも営業しているので大丈夫なのでしょう。

 

食糧は持ち込み可で、冷蔵庫も貸してくれます。館内では瓶ビールも販売しているので、お弁当を広げてビールを飲んでゆっくりできます。たまにパソコンから離れてボーっと何もしないでいる時間を作るのって大事ですね。

 

いわゆる穴場的な楽しみ方のできる温泉です。口コミを見てみると、それなりに賛否あるようですが、ここまで人の目を気にせず、ゆっくりとできる温泉場は他に知らないので、うちはお気に入りの温泉場の一つなのです。

 

 

時代劇セレクション第二弾!

f:id:rise_more:20150605174007g:plain

時代劇のLINEスタンプを作りました。

やる気の無いLINEスタンプを作りました。

いつもブログランキングへのクリックありがとうございます!


人気ブログランキングへ

とても励みになっておりますので、よろしかったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ

Copyright (C) 2014 NOBO All rights reserved.